スポンサーリンク

Home ライフプラン 海外ETF 海外REIT/BDC

コロナウィルスによる株価急落で投資した銘柄

ETF投資家にとって株価下落は絶好のチャンス。株価下落時の投資については以前記事で書きましたが、今回はコロナウィルスによる株価急落後に投資した銘柄について記事にしております。5割程度下落した銘柄を中心に追加投資を行っております。

株価下落時の投資

ETF投資家にとって株価下落は絶好のチャンス。特にETF投資家にとって、株価下落はそこまで心配する必要はありません。 とはいっても株価下落は弱気にもありますし、狼狽売りしてしまうこともあります。 私も ...

続きを見る

米国の失業率が世界恐慌以降で最悪の水準になる中、株価は回復傾向。個人的には経済活動が止まっていた際の影響はこれから明らかになり、さらなる下落(投資チャンス)が来るんじゃないかと思い、追加投資の準備をしております。

 

日本の証券会社で投資可能な銘柄

ARCC(Ares Capital Corporation

ETF投資家にとって株価下落は絶好のチャンスと記載しておいて矛盾するかもしれませんが、BDC最大手の個別銘柄となります。正確には妻が投資している銘柄ですが、淡々と投資を続けていきたいです。投資額から4割近くまで下落したため、含み損が2割になるまで追加投資をしたいです。

ARCC 海外株式(高配当)の紹介

ARCCとは Ares Capital Corporation(ARCC) エイリス・キャピタル・コーポレーションは、米国にある中規模企業の債券および株式を中心に投資することで、収益および資本の増加を ...

続きを見る

 

SPYD(SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF

コロナウィルスにより株価が急落する前は、この銘柄さえ買っておけばいいという投資家もいたと思いますが、想像以上に下落局面では影響が強く出ています。

経済活動が停滞し、高配当を維持できない企業が増加する可能性はもちろんありますが、商品コンセプトとしては継続して投資していいかと思っています。株価の動きに一喜一憂せず、定期的に投資をしています。

SPYD 海外ETF(高配当)の紹介

SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF(SPYD)とは S&P500®指数構成銘柄のうち、高配当利回り上位80銘柄に投資する上場投資信託(ET ...

続きを見る

 

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF

子供や孫まで受け継ぎたい銘柄の一つとなっています。今回、株価が下落していますが、おそらく時間がたてば、高値を更新していくだろうという期待感があります。

こちらも、大きく下がる都度少しづつ買っていきたいです。

VYM 海外ETF(高配当)の紹介

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)とは FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指す上場投資信託(ETF)で、米国(NYSE Arca)に上場されておりま ...

続きを見る

 

SRET(グローバルX スーパーディビィデンド-世界リート ETF

モーゲージREITも多く含んでいるため下落が大きく、6割は下落した感じです。4月から配当が減少しており、厳しい状況です。ただ、1/3近くまで下落したので、徐々に投資を再開しています。

SRET 海外高配当ETFの紹介

定期的に日本から米国の証券会社の口座に送金して、REIT ETFを購入しておりますが、その中でSRETというETFを購入することが多かったです。 海外のREIT ETFだとVNQ、VNQI、SRETに ...

続きを見る

 

DIV(グローバルX スーパーディビィデンド-米国低ベータ ETF

米国の高配当株式50社に投資をしております。5割程度下落した後は若干戻してきております。株価急落前は6%程度の配当利回りだったため、好きな銘柄の上位には入っていませんでしたが、5月14日時点では12%程度のため、投資は増やしていきたいです。こちらも含み損が2割程度になるまでは追加投資を続けていきたいです。

DIV 海外ETF(高配当)の紹介

個人的に好きな高配当株式に投資するETFを紹介。米国版(DIV)と国際版(SDIV)の2つがあり、今期は米国版(DIV)となります。   Global Xという資産運用会社の商品になります。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

海外の証券会社でのみ投資可能な銘柄(SBI証券、マネックス証券、楽天証券で投資不可能)

VNQI(Vanguard Global ex-U.S. Real Estate ETF

子供や孫まで受け継ぎたい銘柄の一つとなっています。VNQIは米国以外の不動産に分散投資していますが、この米国版であるVNQと比べるとまだまだ投資残高が少ないので、バランスをとるためにVNQIに追加投資しています。

VNQI 海外ETF(高配当)の紹介

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界RE ...

続きを見る

 

BIZD(VanEck Vectors BDC Income ETF

BDCのETFとなります。個別のBDCに投資するよりもリスクが低いという理由で投資をしておりますが、BIZDの個性銘柄の分析をすると、株価が上昇傾向だったり、横ばいの銘柄と、下落傾向の銘柄がはっきり分かれています。そうすると、ETFじゃなくて、個別銘柄を10銘柄程度投資した方がパフォーマンスが高いのではないかと考えるようになりました。BIZDは投資額から5割程度下落しており、含み損が3割になるまでは追加投資したいです。

BIZD 海外ETF(高配当)の紹介

BIZDとは VanEck Vectors BDC Income ETF(BIZD) ヴァンエック・ベクトルBDCインカムETFは、MVIS米国事業開発会社(BDC)指数の価格および利回り実績(手数料 ...

続きを見る

 

PSP(Invesco Global Listed Private Equity ETF

プライベートエクイティETFですが、意外と底堅いです。2割くらいしか下落しておりません。商品自体は好きで、1口あたり9ドル程度で気軽に投資できるので、他の銘柄に投資をする際に、残った資金を振り分けることが多いです。

PSP 海外ETF(高配当)の紹介

PSPとは Invesco Global Listed Private Equity ETF(PSP) 上場しているプライベートエクイティ企業40~75社で構成される指数(the Red Rocks ...

続きを見る

 

KBWD(Invesco KBW High Dividend Yield Financial ETF

中小型株への投資がメインのため、株価下落の影響が強く出ています。5割近くまで下落したため、含み損が3割になるまで追加投資をしたいです。

KBWD 海外ETF(高配当)の紹介

KBWDとは Invesco KBW High Dividend Yield Financial ETF(KBWD) インベスコKBW高配当利回りファイナンシャルETF(Invesco KBW Hig ...

続きを見る

 

KBWY(Invesco KBW Premium Yield Equity REIT ETF)

こちらは中小型REITへの投資となりますので、株価下落の影響が強く出ています。5割近くまで下落したため、含み損が3割になるまで追加投資をしたいです。

KBWY 海外ETF(高配当)の紹介

コロナウィルスの影響で株式市場全体が下落しております。ETF投資家にとって株価下落はチャンスでしかなく、投資できる銘柄について検討しておりました。 私の投資候補の銘柄であるKBWYについて記載したいと ...

続きを見る

 

SDEM(MSCI SuperDividend® Emerging Markets ETF

新興国の高配当株式への投資となりますが、株価下落は先進国の高配当株式よりも若干大きく出ております。

SDEM 海外ETF(高配当)の紹介

SDEMとは MSCI SuperDividend® Emerging Markets ETF(SDEM) SDEMを簡単に説明すると、新興国市場で分配金利回りが高い50銘柄に投資する米国のETF。G ...

続きを見る

 

個人的な感想

まだまだ株価下落の局面がある前提で投資資金を考えております。毎月淡々と複数のETF投資に投資をして残高を積み上げておりますが、まとまった残業代やボーナスなどの一部は特定の銘柄に投下することも検討しております。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イーサン

金融機関に勤めながら投資ブログ書いています。 海外ETFが好きで記事にすることが多いですが、日本のETFや自己投資についても記事にしております。不動産も好きでJ-REITが所有している物件の写真を撮りに行くことも。

-Home, ライフプラン, 海外ETF, 海外REIT/BDC
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 いい投資生活