国内投資に、海外投資に、自己投資に、いい投資生活に関する情報を公開。

いい投資生活

スポンサーリンク

Home 海外ETF

GSBD 海外株式(高配当)の紹介

投稿日:2019-05-28 更新日:

GSBDとは

Goldman Sachs BDC, Inc(GSBD)

ゴールドマン・サックスBDC(Goldman Sachs BDC Inc)は、非分散クローズドエンド型の投資会社。米国で主に中堅企業の株式に投資する。

ゴールドマン・サックスBDCは、世界的に幅広く金融サービスを提供するゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの子会社で、高利回りの融資を手掛けるBDC(事業開発会社)。主に、米国内の信用格付けを持たない企業や年間利益は500万~7,500万ドルの中規模企業に投資する。平均投資額はおよそ1,000万~7,500万ドル。

配当は四半期ごとで、3月、6月、9月、12月となっています。

BDCとは

Business Development Companies(ビジネス ディベロップメント カンパニーズ)の略で、日本語では事業開発会社と訳されます。新産業や有望な中堅企業等(中小企業から上場企業まで)の事業開発を金銭面及び経営面からサポートする会社で、その多くが米国の証券取引所に上場しています。その配当利回りが相対的に高いことや今後の米国の経済成長期待から、注目されている資産の一つです。

出所:https://www.smam-jp.com/market/report/keyword/usa/key170131us.html

 

GSBDの3つのメリット

①高い配当利回り

GSBDの最大のメリット。高配当が見込めて、配当を重視する人には紹介できる商品の一つ。2019年5月24日時点の配当利回り8.76%と、非常に高い配当利回りは魅力的です。

②通常とは異なるアセットクラスへの投資

通常の株式や債券といった、従来の伝統的資産とは異なるリスク・リターン特性を有している。そのため、ポートフォリオに組み込むことによりリスク分散効果があります。

③世界トップクラスの投資銀行のBDC

ゴールドマンサックスは金融業界ではトップクラスの投資銀行となり、その傘下のBDCですと多少の経済後退も乗り越えてくれる期待感が強いです。

 

3つのデメリット

株価上昇が限定的

チャートを見ると、景気後退時に大きく下落しておりますが、それを除くと、一定の株価に収まる傾向があります。

②配当が四半期ごと

多くの投資家にとっては大したデメリットではないかもしれませんが、個人的には毎月分配される商品が好きなので、四半期ごとだと、頻度が少なく感じてしまいます。

③設立からあまり経っていない

2012年に設立された会社で、2015年頃に上場しているかと思います。BDC業界トップのAres Capital Corporation(ARCC)はリーマンショック前から上場しており、金融危機を実際に乗り越えておりますが、GSBDについては大きな金融危機を乗り越えた実績が無いです。

ARCC 海外株式(高配当)の紹介

ARCCとは Ares Capital Corporation(ARCC) エイリス・キャピタル・コーポレーションは、米国にある中規模企業の債券および株式を中心に投資することで、収益および資本の増加を ...

続きを見る

 

個人的な感想

配当利回りが9%程度と高く、BDCは伝統的な資産とは異なる特性を持つため、ETFだけでなく個別企業についても投資しています。ARCCはBDCトップ企業ということで投資しましたが、GSBDについてはやはりゴールドマンサックス傘下ということで注目し、試しに投資し始めた感じです。Annual reportについてはこれから読み、ARCCやほかのBDCとの違いを記載していこうと思います。

BIZD 海外ETF(高配当)の紹介

BIZDとは VanEck Vectors BDC Income ETF(BIZD) ヴァンエック・ベクトルBDCインカムETFは、MVIS米国事業開発会社(BDC)指数の価格および利回り実績(手数料 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-Home, 海外ETF
-, , , , ,

Copyright© いい投資生活 , 2019 All Rights Reserved.