Home 海外ETF

IYR 海外ETF(高配当)の紹介

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界REITのポートフォリオが理想的と思います。以前、海外の証券口座で購入できるVNQとVNQIの2つのETFを使って理想的なポートフォリオを達成する方法をご紹介しました。

2つのETFで世界REITのポートフォリオを組む

VNQ 海外ETF(高配当)の紹介

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界RE ...

続きを見る

VNQI 海外ETF(高配当)の紹介

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界RE ...

続きを見る

VNQとVNQIは信託報酬が圧倒的に低く、長期で保有するのに適したETFですが、大きな1つの問題が。それは、

 

日本の証券会社では購入できない

 

そのため、投資するなら海外の証券会社の口座開設が必要となってしまいます。

海外口座を作成してまで投資する情熱はなく、多少の信託報酬が上がっても構わないからREITや不動産会社への投資を世界中に分散させたい。そんな方向けに国内の証券会社で手軽に投資できる海外ETFを紹介したいと思います。

 

国内の証券会社で購入できる、2つの海外ETFで世界REITのポートフォリオを組む

●iシェアーズ 米国不動産 ETF (IYR)

●iシェアーズ 先進国(除く米国)不動産 ETF (IFGL)

IFGL 海外ETF(高配当)の紹介

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界R ...

続きを見る

iシェアーズの不動産 ETFは米国(IYR)と米国以外(IFGL)に分かれており、この2つのETFで世界REITのポートフォリオを組むことができます。

 

IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF )とは

ダウ・ジョーンズ米国不動産指数(米国の不動産セクターの株式で構成される指数)と同等の投資成果をあげることを目指す上場投資信託(ETF)で、米国(NYSE Arca)に上場されております。

不動産セクターと記載しておりますが、実際には不動産投資信託(REIT)の組み入れが多いです。

 

基本情報(2020年9月25日時点)

上場:米国(日本の証券会社から投資可能)

配当頻度:四半期(3ヶ月ごと、3月、6月、9月、12月)

配当利回り:3.40%

経費率:0.42%

 

チャート(2020年9月25日時点)

リーマンショック時には当該チャートでは25.14ドルまで下落しておりますが、その後は右肩上がりとなっております。

一時期リーマンショック前の水準を回復しましたが、コロナウィルスによる影響で株価が下落。徐々に回復してきておりますが、コロナウィルスによる株価急落前の水準はまだ回復しておりません。

3つのメリット

一定の分配金利回りと株価上昇

多くの大型REITを投資対象とするため、必然的に利回りは下がりますが、それでも2020年9月25日末時点では3.40%とある程度高い分配金利回りとなっております。

賃料減免やオフィスや商業施設の需要が後退で、業績にも影響がでているREITも多いかと思います。IYRの配当も減少傾向となっており、株価の戻りも弱い状況です。

現状のIYRの配当を考えると、配当利回り3~4%で株価を逆算しても、IYRの株価は割安とは感じることはできません。

IYRの含まれるREITの業績回復がないと、IYRの配当および株価の回復はありませんが、TECH系の銘柄と異なり時間がかかるかもしれません。

それでも、長期的に米国の不動産価格は上昇傾向のため、下がったタイミングで投資を増やして株価上昇を期待することはできるかと思います。

過去10年間のパフォーマンスは良好

過去10年間のパフォーマンスは個人的には良好に感じます。

トータルリターンがマイナスとなっている年は2018年の1年あり、配当を考慮すると株価は-4.29%以上に下落し、

トータルリターンが1%程度の年が2013年と2015年の2年間あり、配当が3~4%であることを考慮すると株価は下落しています。

株価が下落している年は全部で3年間ありますが、その他の7年のトータルリターンから株価上昇もかなり上昇していることが分かりますので、3~4%の配当と株価上昇を得ることができたかと思います。

 

VNQと同等のパフォーマンス

参照している指標が異なりますが、VNQと同等のパフォーマンスとなりますので、米国のREITや不動産に投資をしたい方には投資の検討対象となる商品の一つだと思います。

 

デメリット

同様のETFであるVNQと比べて信託報酬が高い

IYRの信託報酬は0.43%のため、VNQの0.12%の3倍以上。VNQと比較すると高いですが、許容範囲の人がほとんどだと思います。マイナーなREIT ETFであるSRETの0.58%と比べると低いです。

SRET 海外高配当ETFの紹介

定期的に日本から米国の証券会社の口座に送金して、REIT ETFを購入しておりますが、その中でSRETというETFを購入することが多かったです。 海外のREIT ETFだとVNQ、VNQI、SRETを ...

続きを見る

配当が四半期ごと

多くの投資家にとっては大したデメリットではないかもしれませんが、個人的には毎月分配される商品が好きなので、四半期ごとだと、頻度が少なく感じてしまいます。

直近の配当は下落傾向

インカム収入による配当が減少傾向となっておりますので、安定した配当を得たい方には向かないかもしれません。

 

個人的な感想

私は日本で住むための不動産を購入するつもりがなく、一生賃貸で過ごす予定です。

住むための不動産を買わない代わり、REIT ETFに投資をしてETFからの配当を家賃に充てる想定をしておりますので、REIT ETFには少なくても数千万円は投資するつもりです。

私は信託報酬が低いETFが好きなので米国不動産市場にはVNQで投資しますが、IYRもVNQも低コストなETFですので、日本の証券会社で投資する場合にはIYRで十分かと思います。

コロナウィルスによる不動産市場への影響はまだまだあるかと思いますが、REIT ETFに一定額投資する方針に変わりはなく、下落しても気にせず買い続けるつもりです。

IYRは海外ETFですが、同様のETFが東証に銘柄コード1659で2017年9月に上場されました。まだ小さいETFで、IYRで含み益がある場合、わざわざ乗り換えるほどでは無いと個人的に思っておりますが、1659も投資の候補に上がってくるかと思います。

私は子供のジュニアNISA口座ではIYRではなくRWRに投資をしておりますが、信託報酬が若干低いという理由で投資を決めました。ただ、過去5年のパフォーマンスはIYR>RWRとなります。

iシェアーズ 米国リート ETF(1659、USRT)の紹介

iシェアーズ 米国リート ETF(1659、USRT)とは iシェアーズ 米国リート ETFは米国リートから構成される、FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て) ...

続きを見る

RWR 海外ETF(高配当)の紹介

RWR(SPDR® ダウ・ジョーンズ REIT ETF)とは ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数の価格と利回りに、経費控除前で、連動する投資成果を目指す上場投資信(ETF)で、米国(NYSE ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イーサン

金融機関に勤めながら投資ブログ書いています。 海外ETFが好きで記事にすることが多いですが、日本のETFや自己投資についても記事にしております。不動産も好きでJ-REITが所有している物件の写真を撮りに行くことも。

-Home, 海外ETF
-, , , , , , , ,

© 2020 いい投資生活