Home 海外ETF

RWR 海外ETF(高配当)の紹介〜成長と配当を狙える米国REITへの投資

2020-02-23

個人的にREITが好きで昔から投資を行なっておりました。その中でも、過去の実績として、株価の成長と配当の両方を狙うことができる米国REITのETFについて記事にしております。

イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitterもやっています。

RWR(SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF)とは

ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数の価格と利回りに、経費控除前で、連動する投資成果を目指す上場投資信(ETF)で、米国(NYSE Arca)に上場されております。

ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数は、不動産直接投資の代替となる不動産証券のパフォーマンスを計測する指数で、1960年REIT法に基づき運営される会社から構成されています。企業価値と実際の不動産価格とが必ずしも密接に関連しない銘柄を一部除外しています。当ベンチマークの構成銘柄は、商業、住宅用不動産を所有および運営し、時価総額2億ドル以上かつ不動産からの収入が総収入の75%以上を占める会社です。

RWR(SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETFのポイント

  • 米国REIT
  • 四半期配当
  • 成長と配当の両方を狙える
  • 株価はコロナ前の水準を回復
  • 株価は長期的に上昇傾向
  • 経費率が低め
  • 日本のネット証券会社から投資可能(2021年9月13日時点)

基本情報(2021年9月13日)

上場:米国(日本の証券会社から投資可能)

配当頻度:四半期(3ヶ月ごと、3月、6月、9月、12月)

配当利回り:3.26%

経費率:0.25%

 

チャート(2021年9月13日)

上場時からのチャート

リーマンショック時に大きく下落し、20ドル台まで売られましたが、そこからは上昇を続けております。コロナウィルスにより株価が急落しておりますが既に回復しております。

過去のチャートを見ると長期的に保有することができそうな銘柄ではあります。

国別構成比率

米国に特化した不動産ETFとなっております。

 

業種別構成比率(2021年9月10日)

工業用/オフィスが約32%と最大で、住宅用22.7%、小売14.6%の3業種でETFの7割を占めております。

 

ファンド組入上位銘柄(2020年2月20日)

銘柄名 ウエイト 株式
Prologis Inc. 10.02% 1,406,760
Public Storage 4.99% 289,491
Digital Realty Trust Inc. 4.44% 535,565
Simon Property Group Inc. 4.26% 624,804
Welltower Inc. 3.67% 794,071
AvalonBay Communities Inc. 3.16% 265,229
Equity Residential 2.84% 653,586
Alexandria Real Estate Equities Inc. 2.77% 260,568
Realty Income Corporation 2.57% 709,628
Extra Space Storage Inc. 2.53% 254,053

トップは日本でも事業展開しているPrologisで約10%の割合となっております。

https://www.prologis.co.jp/

メリット

高配当と成長が見込める

多くの大型REITを投資対象とするため利回りは下がりますが、それでも3.26%(2021年9月13日時点)あります。モーゲージREITの様に配当が高くても値上がりが見込みにくいETFもありますが、RWRは株価上昇によるキャピタルゲインも狙えます。

コストが低くめで、長期間保有できる

米国の不動産市場を対象とするETFは複数あり、有名なETFとしてVNQとIYRがあります。

VNQ 海外ETF(高配当)の紹介〜米国不動産への投資

日本のREITもいいですが、ほとんどが国内不動産が投資対象。日本国内では地域的に多少分散していますが、多くが関東圏。分散投資を行うなら、日本国内だけでなく、日本国外も含め、世界中に分散投資した世界RE ...

続きを見る

IYR 海外ETF(高配当)の紹介~成長も配当も狙える米国不動産への投資

個人的に海外の不動産市場に積極的に投資を行っており、今回、成長も配当も狙える米国不動産市場手軽に投資できる米国ETFについて記事にしております。 イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitter ...

続きを見る

VNQは信託報酬が0.12%でコストが圧倒的に低いのですが、日本のネット証券会社3社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券)では投資することができません。

IYRは日本のネット証券会社3社で投資できますが、信託報酬が0.42%と高めとなっております。

RWRは信託報酬は0.25%とVNQまで低くはありませんが、IYRよりも低く、日本のネット証券会社で投資する場合には投資先として候補になります。

世界中の不動産市場に分散投資できる

RWRはステートストリートが運用している商品になりますが、ステートストリートは米国以外の国の不動産市場を対象とするETFとしてRWXも運用しております。

RWX 海外ETF(高配当)の紹介〜米国以外の不動産市場への投資

SPDRダウ・ジョーンズ・インターナショナル・ リアル・エステートETF(RWX)とは ダウ・ジョーンズ・グローバル(除く米国)セレクト・リアル・エステート・セキュリティーズ指数の価格と利回りに連動す ...

続きを見る

ステートストリートのRWR(米国)+RWX(米国以外)に投資をすると、簡単に全世界の不動産市場に分散投資することができます。

デメリット

配当が四半期ごと

多くの投資家にとっては大したデメリットではないかもしれませんが、個人的には毎月分配される商品が好きなので、四半期ごとだと、頻度が少なく感じてしまいます。

個人的な感想

弱点が少なく魅力的なETFです。日本の証券会社で米国の不動産ETFに投資をするなら候補になる銘柄です。

私は海外口座でVNQに投資をしているため、現時点ではRWRに投資しません。ただ、海外口座での運用をやめて、国内の証券会社での運用に特化する場合にはVNQに投下している資金をRWRに振り替える可能性が高いです。

株価の上昇と、3~4%程度の配当を狙う方にはマッチする銘柄となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イーサン

金融機関に勤めながら投資ブログ書いています。 海外ETFが好きで記事にすることが多いですが、日本のETFや自己投資についても記事にしております。不動産も好きでJ-REITが所有している物件の写真を撮りに行くことも。

-Home, 海外ETF
-, , , , , ,

© 2021 いい投資生活