Home ライフプラン

荷物を減らすために、abrAsus(アブラサス)の小さい財布を購入

投資だけでなくお金の管理に関連することは基本的に好きで、財布についても長い間、長財布を使用していました。ただ、最近は荷物が増えてきて、長財布が少しかさばることが悩みでした。

財布は学生時代から特に理由はありませんでしたがブランドのを使っており、社会人になってからは

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

 

という書籍を読んでから、財布の値段の200倍があなたの年収、という内容に意識が縛られておりました。安い財布に買い替えると、年収も下がるんじゃないかと。

そのため、無難なルイヴィトンの財布を使っていました。

財布と年収200倍の法則については、以下のリンクから読むことができます。

年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

お金に好かれる人、お金が逃げていく人の財布を解説! 700個近い財布をウオッチしてわかった、稼いでいる人の財布の法則とは。

続きを見る

 

財布買い替えのキッカケ

最近は、子供の着替え等の荷物や、子供の撮影用カメラもカバンやリュックに入れて移動するため、とにかく荷物を多くて重い。。。

荷物が多くてモノが見つけにくくなってきたため、一度、自分の荷物を徹底的に減らしてみようと思い、財布についても調べておりました。

そんな中見たのは以下の動画で紹介されていた、abrAsus(アブラサス)の小さい財布 。

無駄がない作りと、見た目が気に入り、値段も16,000円程度だし、とりあえず買ってみることにしました。ただ、財布と年収200倍の法則については最後まで気になってしまいました。

abrAsus(アブラサス)の小さい財布

他の財布と比較して購入したわけでは無いですが、一応、同じブランドの薄い財布と比較しましたが、個人的には圧倒的に小さい財布の方がデザイン的に好みでした。

ただ、色については結構迷いました。動画で黒い財布を見て気に入ったので黒にしようと思っていましたが、風水的には黒(お金を維持する)よりも茶色の方がいいかと思い、キャメルにしました。

革製品だと経年変化を楽しむことができるとよく言いますが、私は滅茶苦茶嫌いで、基本的に変わらないでほしい。今回は経年変化も承知の上で、試しにキャメルで購入してみましたが、2年後くらいにまた財布を買い替える際には黒にすると思います。

ルイヴィトンのカバンのヌメ革部分について、色が変わってほしくないと思っている人も結構いるんじゃないかな。

小さい財布 abrAsus〜世界一小さい財布を志すメンズ極小三つ折り〜 アブラサス SUPER CLASSIC
小さい財布 abrAsus〜世界一小さい財布を志すメンズ極小三つ折り〜 アブラサス SUPER CLASSIC

グッドデザイン賞を受賞した、特別なつくりの小さい財布。SUPER CLASSICがおすすめする、メンズ向け財布「小さい財布 abrAsus」。ほぼカードサイズなので、手のひらやポケットにさっと収まる快 ...

続きを見る

メリット

とにかく小さい

ネットでサイズを調べると、クレジットカードと同程度という事は理解できますが、初めて実物を見たときに結構な感動がありました。

Galaxy note20 Ultraと小さい財布の比較。大きいスマートフォンと比べても本当に小さい!

 

必要なカードは最低限入る

カードは4枚は確実に入りますので、必要な日常的に使うカードとしては十分な枚数かと思います。

ちなみに、私が常時入れているカードは以下3枚。

  1. To Me CARD(PASMO)
  2. 住信SBIネット銀行のデビットカード
  3. アメリカン・エキスプレスカード

残り1枚の競合は多く、私が悩んだのは、➀保険証か、②Amazonクレジットカードか、③エースクラスのポイントカード等(ジャパンネット銀行のTカード付デビットカード、OKストアの会員カード)。

結局、必要なタイミングで財布に入れることにしました。Tポイントカードは一時期頑張って貯めましたが、どのポイントカードにも言えると思いますが、労力に対する効果は決して高く低くないこともあり、オンラインでの買い物以外では貯めなくなりました。

 

ポイントカードから卒業できる

財布が大きいと、年に1度しか行かないお店のポイントカードまで入っていたしますが、小さい財布だと本当に必要か判断する必要が出てきます。

カードは4枚程度しか入らないので、Suicaとクレジットカードとキャッシュカードを入れると残り1枚くらい。

ポイントカードを愛用することを否定するわけではなく、頻繁に行くお店のカードを持つことはいいんじゃないかと思います。

ただ、ワッフル店など、たまに行く程度のお店で、何も要求していないのにポイントカードを作ってくれたりしますが、最近は明確な意思を持って作らなくなります。

私は、店員さんがもう来ないと思わないように、財布が小さいから入らない旨伝えるようにしています。

 

(番外編)娘が喜ぶ

3歳の娘と一度お財布を見に行きましたが、小さくて可愛いと喜んでました。テーブルの上に置いておくと、「持ちたい!」と言ってきます。

子供にお金の管理に興味も持ってもらうために、ピーターラビットのポーチを導入しましたが、小さい財布もプレゼントしてしまいそうです。

デメリット

革が傷つきやすい

財布が届いてすぐに娘が開けた時に爪が当たりましたが、普通にボタン周りに傷が付いていました。また、水が付いた時のシミも結構気になりました。

カードが4枚程度しか入らない

長財布だと、カード類を10枚入れてもそこまで気にならず、さらに名刺を入れている人もいるかと思います。

カード類はクレジットカードでいうと4枚程度しか入らないため、選別が難しく、また、名刺も入れることはほぼ無理です。

個人的な感想

これまで商品について記事にしたことがなかったのですが、書いてみたいと思うくらい感動がありました。

記事についてはまだ更新を続けますが、本当に言いたいことは一つで、とにかく小さくて必要なカードや紙幣とコインが入る。近くに出かけるときに、以前は片手に長財布を持っておりましたが、今は完全に手ぶらで行けるようになりました。

また、財布自体の構造上、小銭やカードを大量に入れることが難しく、お財布回りをシンプルにすることができます。


Twitterでカーターさんがラルコバレーノの財布を使用しているらしく情報を頂きましたが、調べてみるとこれもお洒落で良さげ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イーサン

金融機関に勤めながら投資ブログ書いています。 海外ETFが好きで記事にすることが多いですが、日本のETFや自己投資についても記事にしております。不動産も好きでJ-REITが所有している物件の写真を撮りに行くことも。

-Home, ライフプラン

© 2020 いい投資生活