Home 海外ETF

DTH 海外ETF(高配当)の紹介〜先進国の高配当株式への投資(北米以外)

熱狂的信者が多いウィズダムツリー(Wisdom Tree)社のDTHという高配当株式ETFについて記事にしています。

イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitterもやっています。

DTH(ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンド)とは

ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンド(WisdomTree International High Dividend Fund)
ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンド(WisdomTree International High Dividend Fund)は、ウィズダムツリー インターナショナル高配当指数と同水準の投資成果を目指す米国籍のETF(上場投資信託)。

ウィズダムツリー インターナショナル高配当指数構成銘柄のうち、特定の要件を満たし、利回りが上位の株式銘柄に投資する。

DTH(ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンド)のポイント

  • 北米(米国とカナダ)を除く先進国配当を重視した株式に分散投資できる
  • 四半期配当
  • コロナ前の株価を回復
  • 2006年に上場したETF
  • 過去のパフォーマンスも悪くない
  • 日本のネット証券会社3社で投資不可能(2021年5月3日時点)

ウィズダムツリー インターナショナル高配当指数とは

時価総額が少なくとも2億ドルで、過去3ヶ月間の日次での取引高が20万ドルの、配当利回りが上位30%の銘柄で構成されています。

The WisdomTree International High Dividend Index is a fundamentally weighted Index that measures the performance of companies with high dividend yields selected from the WisdomTree International Equity Index. At the index measurement date, companies within the WisdomTree International Equity Index with market capitalizations of at least $200 million and average daily trading volumes of at least $200,000 for the prior three months are ranked by dividend yield. Securities ranking in the highest 30% by dividend yield are selected for inclusion. Companies are weighted in the Index based on annual cash dividends paid. The Index, established with a base value of 200 on May 31, 2006, is calculated in US dollars and is updated to reflect market prices and exchange rates. Closing or last-sale prices are used when non-U.S. markets are closed.

Prior to August 31, 2015, the WisdomTree International High Dividend Index was named the WisdomTree DEFA Equity Income Index.

WisdomTree International High Dividend Index
The WisdomTree International High Dividend Index comprises high dividend yielding stocks from the WisdomTree International Equity Index. In addition to being a member of this Index, companies must also have market capitalizations of at least $200 million at the International Screening Date and average daily dollar volumes of at least $200,000 for the three months prior to the International Screening Date, ranked by Page 35 of 120 dividend yield. Companies ranking in the top 30% by highest dividend yield are selected for inclusion. To be deleted from the index, companies must rank outside of the top 35% by dividend yield. The selection and weighting methodology for the

WisdomTree International Hedged High Dividend Index is identical to the selection and weighting methodology used for the WisdomTree International High Dividend Index.

 

基本情報(2021年5月5日)

上場:米国(日本のネット証券会社のSBI証券、マネックス証券、楽天証券で投資不可能

配当頻度:四半期(3月、6月、9月、12月)

配当利回り:3.85%

経費率:0.58%

 

チャート(2021年5月5日)

リーマンショック後は一定の価格帯で上下しております。コロナショックで株価が下落する曲面もありましたが、概ね回復しております。

国別構成比率(2021年3月31日時点)

DTHの投資先の国別構成比率となります。日本が約2割を占めており、オーストラリア、英国が続きます。

セクター別比率(2021年5月4日時点)

Financials(金融)、Materials(素材)、Consumer Services(消費者関連サービス)が上位を占めており、3セクターで約50%となっております。

保有銘柄トップ10(2021年5月4日時点)

保有割合が高い銘柄トップ10ですが、Novartis AG(製薬)、GlaxoSmithKline PLC(製薬)、Fortescue Metals Group Ltd(素材)、Sanofi SA(製薬)など高配当銘柄で有名な企業が名を連ねております。

上位10銘柄での保有割合は25%弱となりますので、特定の銘柄に偏ることなく、分散されているかと思います。

運用実績(2021年3月31日時点)

上場時からの年平均でのリターンはプラスとなっております。

DTH(ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンドのメリット

高い配当利回り

DTHの最大のメリット。高配当が見込めて、配当を重視する人には紹介できる商品の一つ。2021年5月4日時点の配当利回り3.85%と、高い配当利回りは魅力的です。

米国とカナダ以外の先進国の高配当株式に分散投資できる

米国市場の株価が上昇しており、その他の先進国市場への分散投資を考えている場合には、DTH1銘柄に投資することで簡単に分散投資することができます。

米国以外の市場への投資の補完効果がある

既に米国市場の高配当銘柄(DHS、VYMやSPYDなど)に投資をしている場合に、DTHに投資することによって先進国市場をカバーすることが可能となります。

DHS 海外ETF(高配当)の紹介〜米国の高配当株式への投資

熱狂的信者が多いウィズダムツリー(Wisdom Tree)社のDHSという高配当株式ETFについて記事にしています。 イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitterもやっています。 DHSとは ...

続きを見る

VYM 海外ETF(高配当)の紹介〜米国の高配当株式への投資

高配当株式ETFの中でも、米国の高配当株式に投資するVYMについて記事にしております。 イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitterもやっています。 VYM(バンガード・米国高配当株式ETF ...

続きを見る

SPYD 海外ETF(高配当)の紹介~S&P500に含まれる高配当銘柄に絞った投資

株式ETFの中でも、S&P500の構成銘柄の内、高配当銘柄に絞って投資するSPYDについて記事にしております。 イーサンです。投稿頻度は多くありませんがTwitterもやっています。 SPDR ...

続きを見る

コロナショックを乗り越え

コロナショックからも回復しており、将来的に同様のショックが起きた際も、回復する可能性を信じて投資を継続することができます。

DTH(ウィズダムツリー・インターナショナル高配当株ファンドデメリット

日本の証券会社では取り扱っていない事

こちらは最大のデメリットで、日本のネット証券会社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券)で購入することができません(2021年5月時点)。そのため、米国の証券会社で口座を開いて投資する必要があります。

株価の上昇はあまり期待できない

過去の株価推移を見ると、一定の価格帯に収まっており、株価が長期的に上昇しているわけではありません。

配当が四半期ごと

多くの投資家にとっては大したデメリットではないかもしれませんが、個人的には毎月分配される商品が好きなので、四半期ごとだと、頻度が少なく感じてしまいます。

経費率が少し高め

高配当株式 ETFとしてはSPYDやVYMがありますが、経費率はSPYD 0.06%でVYM 0.07%と非常に低いです。DTHは0.58%と若干高く感じます。ただ、受け入れられないほど高くはない印象です。

日本の投資割合が高い

DTHでは日本への投資割合は約20%と1番大きくなっております。海外ETFをメインで投資する方は、日本市場についてネガティブな見方をしている傾向があり、日本の割合が高いことはあまり歓迎されてないように感じます。

個人的な感想

高配当株式ETFは好きな商品の一つのため、定期的に投資を続けております。

DTHはコロナによる株価急落でからも既に回復しており、将来的に同様の危機が起きたとしても、回復する期待を持って保有することができる銘柄と思っています。

DTHは米国とカナダ以外の高配当株式に簡単に分散投資できます。

米国市場は既に株価が大きく上昇しており、他の先進国市場への投資を考えている場合には、非常に魅力的な銘柄です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

イーサン

金融機関に勤めながら投資ブログ書いています。 海外ETFが好きで記事にすることが多いですが、日本のETFや自己投資についても記事にしております。不動産も好きでJ-REITが所有している物件の写真を撮りに行くことも。

-Home, 海外ETF
-, , , , ,

© 2021 いい投資生活